無印良品タンドリーチキンの素を使ってオーブンなし作り方を試してみました

今年のクリスマスのテーマは「自分で作るクリスマス」という事みたいなので、ご飯も手作りしたいと思いました。

ケンタッキーがバカ売れで、予約ナシ野郎どもには売るものがなさそうだったので、無印良品で作ってみることに・・・。

タンドリーチキンとジャンバラヤをつくったのですが、まずはタンドリーチキンから。

4547315283309_02_1260

パッケージの写真はすごくおいしそうですが、こうならない事はもうわかっています。

DSCF4966

バットとかで素に浸すのがいいのかなと思ったのですが、花が「袋!袋!」というので袋に入れることにしました。

「唐揚げおいしく作るなら、もみもみ~」の歌が聞こえてきます。

DSCF4967

袋に入れて、タンドリーチキンの素も入れるとこんな感じ。

鶏肉はもも肉をみっつ使いました。700g弱ぐらいあります。

ちなみに食べた後の感想として、これでも味が濃いぐらいでした。もっと多くてもいいかも。

15分放置とか書かれていたのですが、もっともっと浸した方がいいんじゃないかということで、何時間か浸しました。

DSCF5005

その後、フライパンでどんどん熱します。

油飛びまくりでコンロ周りが酷いことになります。

ちなみにこの時点では焼いてるのは一匹分だけです。

DSCF5010

いい感じの焦げ目がついたのでまな板に。

鶏肉って中まで火が通っているかわかりづらいですよね。

指すタイプの温度計とかがあればいいんでしょうけど・・・。

昔バイトで、カニクリームコロッケ作ってた時に使ってました。

2014-12-23 21.32.05

別で買ったジャンバラヤと合わせるとこんな感じ。

どこからどう見てもクリスマス料理ではなく男ノ料理です。

鶏肉が柔らかくておいしいです。

素につけているときはすごいニオイがしましたが、完成するとそうでもありません。

おいしくいただけます。