食器用洗剤のフロッシュ(ソーダ)をアマゾンで買ってみました

もともと肌が強い方ではないのですが、数年前に指先が荒れに荒れて、洗い物をできない状態になってしまった私。

どうやら「主婦湿疹」という洗い物をよくする主婦の方がよくなる手荒れらしいのですが、その時は食洗機を買って洗い物をしないようにしたら治りました。

 

しかし、東京に引っ越してキッチンが狭くなった今、食洗機は使っていません(>_<)

普段洗い物を使い捨てのポリエチレン手袋を着けてしているので今のところ手荒れは無いのですが、一度荒れるとなかなか治らない主婦湿疹なので、毎日ヒヤヒヤしています。

 

食器用洗剤を変えてみようかな?

私が使っている食器用洗剤はJOYのオレンジでした。

確かに少量でキュキュッと汚れも落ちるけど、その分刺激も強い気がして・・・

肌に良い食器用洗剤をここ何週間かネットで探していて、ようやく決めました!

ドイツ生まれのフロッシュ

前にナチュラルローソンで見かけて可愛いなーと思っていた、フロッシュ!

frosh1

カラフルな色とカエルが可愛い♡商品名のフロッシュは、ドイツ語でカエルという意味らしいです。

アマゾンでの評価も良いし、約600円と値段もそんなに高くないので買ってみる事にしました。

 

種類は色々ありますが、油汚れが落ちにくいというレビューもちらほらあったので、洗浄力が一番強いソーダにしました!

frosh2

1リットルなのでかなり大きい!350mlの缶ビールと比べてもこの大きさです。

使用する際は薄めます

なんでも、小さじ1杯分の洗剤を1リットルの洗剤で薄めて使うらしいです。普通の食器用洗剤はボトルからそのままスポンジに垂らすので変な感じ~。

frosh5

ドイツでは、シンクに水を貯め、そこにフロッシュを垂らしてブクブク泡風呂のようにしてその中で食器を洗うみたいですね。

アメリカの食器の洗い方もそんな感じだった気がします。アメリカの高校に留学していた頃、家庭科の授業で「シンクの中に包丁は入れない」という事を習って「?」となったのを覚えています。

あわあわの中に包丁があったら見えずに手を入れてしまって危険という事ですね。

 

frosh3

私は無印で買ってきた詰め替え容器に入れる事にしました。

本当はフロッシュ専用の容器があり、泡になって出てくるようで便利らしいのですが、なんだかハンドソープで食器を洗っている感覚になってしまいそうでなんとなく嫌だったので、専用容器は購入しませんでした。

 

frosh4

ほんのちょーっとだけ洗剤を入れて

 

frosh4

薄めました。かわいい色。

 

が、公式サイトで

frosh

水で薄めるのは推奨していないようです。じゃあ容器の後ろに薄めるって書かんといてや。

油汚れも問題なく落ちます

見た目はめちゃくちゃ薄くて本当に油汚れまで落ちるのか不安でしたが、炒め物をした後のフライパンもきれいになりました*

ただジョイとは違って濃厚な泡ではありませんね。薄めているということもあり、結構頻繁にスポンジに洗剤を足す必要があります。

でも泡切れが良いので、食器に洗剤が残っている感じが無く個人的には使用感も好きでした。

気になっていた香りもほんのりソーダの香りがさわやかで◎

手にも環境にも優しい

フロッシュはノンアルコールで手にも優しく、環境にも優しい洗剤です。

水と二酸化炭素に分解されてほぼ100%が自然に返るそうです。

普段生活する上で環境の事を考える機会はあまり無いのですが(ダメですね…)、身近な製品を環境に優しい物に変えるくらいなら私にもできるのかなーと思います。

フロッシュはどこで買える?

ナチュラルローソンでも売っていますが、私はやはりアマゾンがおすすめです!安いですし、なんといっても家まで届けてくれるので♡笑

1リットルの物を持って帰るのって大変ですからね。

フロッシュ 食器用洗剤 アロエヴェラ つめかえ用 1000ml

新品価格
¥599から
(2016/3/7 05:46時点)

コストコでも売っているみたいですが、遠いですしあまり行く機会が無いのでお手軽アマゾンがやっぱりおすすめ♪