三番町ごきげんクリニックで検査を受けてきました3

三番町ごきげんクリニックの診察のあとの検査についてどのようなことをしたのか書いていきます。

 

三番町ごきげんクリニックで検査を受けてきました記事一覧

フルコースから少し減らしたプラン

三番町ごきげんクリニックで検査を受けてきました1でも書いたのですが、私はアンチエイジングドック298,000円のプランを受けるつもりだったのですが、先生の検診の結果、少し検査内容を減らしてもよいということで幾つか減らしたものを受けました。

受けた検査は、

  • ドクターズサプリメント(栄養分析プログラム)
  • 頸部エコー、CAVIセット
  • 毛髪検査(重金属検査)
  • 酸化・抗酸化検査
  • フードアレルギー(遅発型フードアレルギー検査)
  • LOX-index

です。

アンチエイジングドックからは骨密度検査、ホルモン検査、脳神経検査などを除いた検査項目で、おそらく10万円は違ってくるのではないかと思います。

 

高城剛さんの不老超寿で推奨している検査を網羅するにはまだまだ遠いですが(ガンマーカーのテロメア検査とか全然受けられていないので・・・。こっちはフルコース35万円別途必要)、自分の家計の一番の弱点である血管系をまずは解決して時間をかけて次の検査を受けていきたいと思います(私の家系はガンが少ない家系なので優先順位は低いと判断しました)。

もちろんお金に余裕がある方は是非多くの検査を早めに受けるのをおすすめします。

 

この段階(先生の診察がおわって検査が始まる前)でもう一回問診票を書きました。

検査前の過ごし方は断食、水のみ

検査前の過ごし方について書いておきます。

14時から検査開始なので、その5時間前の9時から水以外の摂取を禁止されました。

朝エスプレッソを飲まないと調子が悪くなる私は、9時前には絶対に飲んでおこうと思ったのですが、その日に限って起きたのが9時半で、エスプレッソなしで過ごすことになってしまいました。

結局喉もそこまで乾かなかったので、起きてから少し水を飲んでそこから水もご飯も無しでした。

5時間はそこまで長くないので、きつくはないけど、少し口が寂しいような感じですね。

まずは採血検査

なんか腕の色が悪いですが、ご容赦ください。

血は結構抜きましたが、看護師さんの腕が良いので、最初のチクっていうの以外は特に痛くありませんでしたし、体調が悪くなることもありませんでした。

ただ、採血による、その後の生活の注意点などは言ってもらえなかったので、その点が少し不安かもしれません。

おそらく、お風呂に入ってはいけない、激しい運動をしてはいけない、とかはあるかと思います。

検尿は全部取る

通常の検尿は出し始めは少し捨てて、途中の尿を取る感じですが、今回の検査では最初から最後まで尿を取ってくれと言われました。

それ故、採尿用のコップが非常に大きい!

400ccも入ります!

少し尿を我慢していたので、多めに出そう、400ccより出てしまったらどうしようと思いましたが、実際にしてみると100ccにも満たないぐらいでした・・・。

提出の仕方は、トイレの中に箱があって、その箱の中の紙コップを出して、採尿してまたはこの中に入れるという流れです。

髪の毛はかなりカット

通常の人間ドックではない検査で、髪の毛を送るという方法で検査します。

おそらくこれは重金属検査で使用するためのものではないかと思います。

その髪の毛ができていたときに体がどのくらい金属にさらされていたか(金属にさらされているものを食べていたか)、いま現在体に溜まっている金属の目安を知ることができます。

高城剛さんの本では、尿で検査する方法もあるようですが、事前に準備することなどが多く、毛髪検査のほうが気軽なのでまずはこちらにしてみました。

ちなみに看護師さんの話では、小さい子などの痛いのが苦手な場合でも髪の毛は神経が通っておらず、切っても痛くないので検査しやすい、という理由で導入することもある、とのことでした。

毛髪はどのくらいカットするのかというと、なんとこれぐらい!閲覧注意かもしれません。

ほとんど根本から必要らしく、また頭の全体から必要なので、まんべんなく切られました。

このままの状態であれば目立たないのですが、このあとに美容室とかにいってカットしてもらうと少し目立ってしまいそうです。

髪に指を入れてみると、短くなったところがすぐわかるぐらいにいろいろなところを切ったようです・・・。

頸部エコーが一番長かった

血管系の疾患が心配ということで診察で伝えたところ、血管も一応見ておいても良いかもしれないということで追加してもらった検査です。

一番見やすい首を見て判断するようで、この検査が今回の検査で最も長かったです。

頸部エコーのお部屋はこんな感じで、まさに検査をするための部屋ですね。

奥にも様々な機械が配置されています。

ここで頸部エコーの先に、脈拍の検査を行いました。

それが両手両足全てに装置をつけての検査だったので、いつもの腕だけとは違う初体験の検査でした。

 

頸部エコーは、よくあるジェルを付けた機械をグリグリと押し当ててチェックするものです。

これは終わったあとに「異常はなさそうですね」と看護師さんがおっしゃっていたので、すぐに結果がわかるタイプの検査なのかもしれません。

やらなくても良かったのかも、と少しだけ思いました。

結果が出るのは一ヶ月後

すべての検査の結果が出るのは一ヶ月後ということで、一ヶ月後、すべての検査の結果が出たら連絡しますと言われて帰ることになりました。

その際、処方してもらったサプリやこの日にかかった費用などについては、次の記事で書いていきたいと思います。

三番町ごきげんクリニックで検査を受けてきました記事一覧